クリンスイ 業務用クリンスイMP02-2用交換カートリッジ (1個入) UMC2100は通販で激安

Winodws Phone, Windows, EC-CUBEの情報を発信します
Show Menu Hide Menu Hide Menu

クリンスイ 業務用クリンスイMP02-2用交換カートリッジ (1個入) UMC2100は通販で激安

日曜日 , 12, 7月 2015 mac WinRT(UWP), UWP(Win 10) Preview Leave a comment

 毎度のお約束、本記事はプレビュー状態のOS、IDE、SDKを利用しております。製品版では異なる可能性があります。

 

 本記事はWindows 10向けのユニバーサルWindowsアプリについて学んだことを残して行く記事です。。

 これまでの記事はカテゴリ「UWP(Win 10) Preview」を参照ください。

 

 今回よりデスクトップ、Windows Phoneともに検証用のSDKのバージョンが10166に変更されます。

 

クリンスイ 業務用クリンスイMP02-2用交換カートリッジ (1個入) UMC2100は通販で激安

 

 今回はGitHubのサンプルからTitleBarプロジェクトを紹介します。

 

 UWPアプリケーションはWin 8.1のストアアプリができなかったタイトルバーの操作が可能です。

 タイトルバーというのはWindows表示のアプリケーションの上部にあるバーのことです。

 こんな感じで上部のバーの色を変更したりできます。

 

タイトルバーを取得する

 

 タイトルバーの取得はこんな感じ 。GetForCurrentView()でApplicationViewを取得してTitleBarプロパティを取得します 。

 

titleBar = ApplicationView.GetForCurrentView().TitleBar;

 

タイトルバーの色を変える

 

 タイトルバーの色の操作はこんな感じ。

 

// Title bar colors. Alpha must be 255.
titleBar.BackgroundColor = new Color() { A = 255, R = 54, G = 60, B = 116 };
titleBar.ForegroundColor = new Color() { A = 255, R = 232, G = 211, B = 162 };
titleBar.InactiveBackgroundColor = new Color() { A = 255, R = 135, G = 141, B = 199 };
titleBar.InactiveForegroundColor = new Color() { A = 255, R = 232, G = 211, B = 162 };
// Title bar button background colors. Alpha is respected when the view is extended
// into the title bar (see scenario 2). Otherwise, Alpha is ignored and treated as if it were 255.
byte buttonAlpha = (byte)(TransparentWhenExtended.IsChecked.Value ? 0 : 255);
titleBar.ButtonBackgroundColor = new Color() { A = buttonAlpha, R = 54, G = 60, B = 116 };
titleBar.ButtonHoverBackgroundColor = new Color() { A = buttonAlpha, R = 19, G = 21, B = 40 };
titleBar.ButtonPressedBackgroundColor = new Color() { A = buttonAlpha, R = 232, G = 211, B = 162 };
titleBar.ButtonInactiveBackgroundColor = new Color() { A = buttonAlpha, R = 135, G = 141, B = 199 };
// Title bar button foreground colors. Alpha must be 255.
titleBar.ButtonForegroundColor = new Color() { A = 255, R = 232, G = 211, B = 162 };
titleBar.ButtonHoverForegroundColor = new Color() { A = 255, R = 255, G = 255, B = 255 };
titleBar.ButtonPressedForegroundColor = new Color() { A = 255, R = 54, G = 60, B = 116 };
titleBar.ButtonInactiveForegroundColor = new Color() { A = 255, R = 232, G = 211, B = 162 };

 

タイトルバーの見た目をカスタムする

 

 

 ちょっとした色の変更とかじゃなくて、表示をカスタムしたい場合UserControlを利用するようだけどちょっと面倒。

 

 CoreApplication.GetCurrentView().TitleBar.ExtendViewIntoTitleBar = extend;

 

 拡張できるようにフラグを立てる。

 そしてカスタムツールバーであるCustomTitleBarを生成して、メインページをカスタムツールバーにセットすることでカスタムツールバーをメインのページの親に設定したのちに、ページのコンテンツをカスタムツールバーにするという流れ。

 たぶん上の説明ではよくわからないと思うので、以下のコードや実際にサンプルを眺めてみることを推奨します。

 

customTitleBar = new CustomTitleBar();
customTitleBar.EnableControlsInTitleBar(areControlsInTitleBar);
// Make the main page's content a child of the title bar,
// and make the title bar the new page content.
UIElement mainContent = this.Content;
this.Content = null;
customTitleBar.SetPageContent(mainContent);
this.Content = customTitleBar;

 


Related posts:

  1. ユニバーサルWindowsアプリ(Pre)入門014:カメラ操作3 画像のキャプチャー・加工・保存
  2. MetroStyleApp入門 vol50.リソースを利用する
  3. セミナー「タッチ/ペン対応アプリの開発とクラウドを活用した既存サービスとの接続方法 」に参加してきました
  4. EC-CUBE2.12.0 α版ファーストプレビュー

Please give us your valuable comment コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress | Theme: Blue Peace by Mohsen Moridi
{yahoojp}xt01-zzp03-wl-4141