ドラマ・映画 satod0

新品即決(業務用200セット) プラス ダブルクリップ CP-104 中 銀 10個 ×200セット取り寄せ商品

スポンサーリンク

情熱大陸のナレーションの窪田等さんを、ご存知でしょうか?

情熱大陸と言えば、1998年から20年近く放送されているドキュメンタリー番組。

何かの分野の一流の人物に密着取材し、他では見られない姿を見せてくれる人気の番組です。

そんな情熱大陸で特徴的なのはナレーションです。

情熱大陸に、司会進行はゲストは登場しません。だからこそ、淡々と語られるナレーターの男性ボイスが、「情熱大陸らしさ」になっています。

だからこそ、ネットでは「情熱大陸のナレーションの人って、どんな人?」「他にはどんな番組に出ている声優なんだろう?」「よく聞く声だけど、窪田等って人なの?」「ギャラや年収はいいのかな?」と、気になっている人が多いようですね。

そこでこの記事では、情熱大陸のナレーションを担当する窪田等さんについて調べてまとめてみました。

情熱大陸のナレーションの窪田等とは?

さて、ナレーションの男性は窪田等さんという方なのですが、一体どのような方なのでしょうか?

先にざっとプロフィールを見てみましょう。

新品即決(業務用200セット) プラス ダブルクリップ CP-104 中 銀 10個 ×200セット取り寄せ商品

名前 窪田等(くぼたひとし)
性別 男性
生年月日・年齢 1951年3月27日(66歳)
身長 168
職業 声優

ナレーターは正体不明のイメージがあるので、「こんな人だったのか」と思った方もいるのではないでしょうか。

窪田等さんは、1951年生まれのベテラン声優です。

経歴が長いので、、細かく紹介すると長くなるのですが、特にインパクトの逸話に絞って紹介すると、以下のような特徴があります。

・情熱大陸のナレーションで有名
・F1やトリビアの泉の声も、代役ではじめて定番化
・仕事は断らない
・日本一忙しいナレーターと言われる
・基本、自分を出さずに脇役に徹する美学を持つ

まず、有名なのはご存知、情熱大陸のナレーターです。

また、「トリビアの泉」や「F1」、「ニンテンドーDSのCM」の声として知られています。とはいえ、これらは最初から務めていたわけではありません。

窪田等さんよりも先輩の「中江真司さん」や「城達也さん」という男性ナレーターが 、以前は「トリビアの泉」や「F1」のナレーションをしていました。

が、こういった先輩方が亡くなったので、代役として窪田等さんが引き継いだのですね。

窪田等さんは落ち着いた声で視聴者に違和感を与えないので、代役・交代役も引き受けやすいようです。

こうした代役や難しい仕事がきても、窪田等さんは断らずに引き受けるそうです。

結果的には「ナレーションの中では日本一多忙」と言われるくらい仕事をしているようですね。

これだけ出演番組があるのに知名度が低いのは「脇役に徹する」美学があるかららしいです。自分を全面にださない奥ゆかしさがあるのですね。

スポンサーリンク

窪田等のギャラや年収は?

では、そんな窪田等さんの年収やギャラはどれくらいなのでしょうか?

「これだけ仕事が多いと、金持ちなのかな?」とか「意外にギャラが少なかったりして」など、考えてしまった気になるものですね。

結論を言えば 、推定年収3000~4000万円以上だと考えられています。

もちろん、窪田等さん自身の公表はありませんので推定年収ではあります。

どういう計算なのか説明しましょう。

低収入と言われる声優業の仕事の中では、ナレーションの仕事はギャラが高い方だとされます。新人でも、最低1回数万円はもらえるのです。

当然、ベテランであれば金額は多く、声優の育成をしているヒューマンアカデミーの発表によると、番組1回10万円が相場になるといいます。

窪田等さんの場合は、ベテランの中でも大御所のナレーター。

ただ声がいいだけではなく、原稿の理解力が速く、ミスも少なく、イントネーションも的確で、業界人が聞くと圧倒的に実力が高くて驚くそうです。

そのレベルですから、1番組20万円~30万円ほどはギャラが出ていると言われます。

そして、2017年現在、窪田等さんはレギュラーのナレーションだけでも月に15本。つまり、レギュラー番組だけでも月収300万円は稼いでいるはずなのです。

それに加えてCM出演や、たまにアニメ出演もしますので、年収に数百万円がプラスされる計算になります。

したがって、3000万円以上はいっていると言われています。

すごい金額ですが、週に10数本仕事をするということは、1日の3本収録するような日もあるということ。本当に多忙な生活です。

とはいえ、一般的に、声優は稼げない仕事だと言われます。労力の割には、プロになってもギャラが少なく、作家やミュージシャンのような印税もないからです。

そんな声優のなかでは、窪田等さんは大成功している方だと言えるとでしょう。

情熱大陸のナレーションの窪田等 まとめ

というわけで、情熱大陸のナレーション窪田等さんについてでした。

・情熱大陸のナレーターは窪田等
・仕事を断らない日本一忙しいナレーター
・実力から、「F1」や「ニンテンドー」のCMの代役を任され、定番化
・ギャラは高く、、年収は少なくとも3000万円以上

ということですね。

こうした情報を知ると、窪田等の声を聞くたびに存在を思い出してしまいそうです。

ただ、窪田等さんとしては、、、「自分のことを思い出さずに番組をお楽しみください」というかも知れません。

スポンサーリンク

コメントを残す コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RECOMMENDこちらの記事も人気です。