行政書士事務所の開業から運営、経営、営業や実務などについて、業歴10年以上の現役専業行政書士がノウハウをまとめた実践的なコンテンツです。

よろしければフォローしてください

ミラーモデルズMM351071/CMP F15 フォードトラック イタリアトラック保護仕様戦車・軍用車両・大砲【奉仕セール中!】

2015/8/7 事務所開業

行政書士として事務所を構えるにあたって、まずポイントとなるのは立地条件です。

なぜなら、事務所の立地条件によって、ターゲットとなる顧客も相談内容も変わってくる可能性があるからです。

例えば、自分が外国人の在留資格取得許可申請をメインに据えようとしていたとしても、そもそも外国人の少ないエリアで事務所を構えるというのは、あまり得策ではありません。

また、事務所の立地イメージというのも重要なポイントになります。

高級ミラーモデルズMM351071/CMP F15 フォードトラック イタリアトラック保護仕様戦車・軍用車両・大砲

私が事務所を構えているのは、埼玉県の川越市という街です。

川越市の一般的なイメージとしては、都心からも比較的近い観光地で、埼玉県の中でも人口が多くにぎわっている街、といったところでしょうか。

実際、事務所が川越市にあるというだけで、近隣の市町からも問い合わせが入ることが多々あります。

ただし、私の事務所は決して繁華街にあるわけでもなく、それほど人通りが多いわけでもありません。

つまり、ここで重要なことは、あくまでも地名のイメージであって、事務所の周りが実際ににぎわっているかどうかではありません。

顧客というのは、実際に事務所を見てコンタクトしてくるわけではなく、電話帳やインターネットなどで情報を調べてコンタクトしてきます。

ですから、地名にそのエリアのイメージさえあればいいのです。

事務所の立地条件から業務を絞り込んでみる

冒頭でも述べた通り、事務所の立地条件によってターゲットとなる客層は変わってくる可能性があります。

ですから、ここに事務所を構えたら、主にどのような依頼が来るのか、といったことを想定してみることで、自分の専門分野を検討するというのも手です。

例えば、事務所の近くに繁華街があるのであれば、スナックやバー、パチンコ店など、いわゆる風俗営業許可申請の需要があるかもしれません。

また、古くからの住宅街でお年寄りが多いエリアに事務所があれば、相続や遺言

、消費者問題などに関する需要があるかもしれません。

もっとも、立地条件に関係なく様々な業務を行っている行政書士も少なくありません。

しかし、行政書士などの専門家を探すキーワードとしては、、まず近いところで頼めるということも重要なポイントになります。

すでに事務所を構えている方は、まず自分の事務所の場所的条件で生じるニーズは何か、ということを考えてみましょう。

また、これから行政書士登録をして事務所を構えるという方は、自分の専門分野としたい業務の需要がありそうな場所を検討材料のひとつにしてもいいでしょう。

特に、インターネットでは地名で絞り込まれることが多いですから、事務所の立地条件というのは軽視できません。

事務所の立地条件と顧客のニーズをよく検討したうえで、専門分野の確立を目指していきましょう。

ミラーモデルズMM351071/CMP F15 フォードトラック イタリアトラック保護仕様戦車・軍用車両・大砲
{yahoojp}xt01-zzp03-wl-1662